ディズニーから学ぶ、モテる人の条件

この記事は2分で読めます

こんにちは!
しょーやです。

今日のブログでは、
『ディズニーから学ぶ、モテる人の条件』
というテーマでお話していきます!

 

約1ヶ月前の話になるのですが・・・

9/4にディズニーシーに
行ってきました!

(天気悪っ)

 

毎年、9月の1週目あたりって、
夏→ハロウィンへ切り替わるタイミングで、
比較的に人が少ないんです!

当たり前ですが、
夏休みの時期は混雑するし。

ハロウィン期間が始まると
仮装する人が増えるし。
(仮装を否定してません笑)

なので、毎年この期間を狙って
ディズニーに行くんですが、
メンテナンスで乗れないアトラクションもあるので、
あまりオススメはしません。笑

ちなみに今回は、
「センター・オブ・ジ・アース」が
乗れませんでした。

一番好きなアトラクションなのに残念です・・・

 

けど、

トイ・ストーリー・マニア
タワー・オブ・テラー
レイジングスピリッツ
インディ・ジョーンズ

など、主要のアトラクションや

新アトラクションの「ソアリン」にも
しっかり乗れたので満足です!!

 

普段は、東京や神奈川などに居て、
ビルやオフィスが視界に入るので、

別世界に来た感じで、
非日常感が味わえたので最高でした♪

 

ではでは、

今日のブログでは、
「ディズニー楽しかった!」
という話だけでなく、

今回のディズニーシーの中で
特に印象に残った、

『ビックバンドビート』

というショーを観た感想と、
恋愛に深く関係する
お話をしていこうと思います!

 

いつも僕は、ディズニーシーに行っても、
アトラクションばかり楽しんでいるタイプで、

ショーやパレードには、
あまり興味がありませんでした。

 

今回、一緒に行っていた女友達が、
ショーやパレードを見るのが好きだったので、
初めて「ビックバンドビート」
というショーを見ました!

 

どんなショーなのか
ざっくり説明していくと、

ビッグバンドジャズの
迫力あふれる演奏をバックに、

ミュージシャンが歌ったり、
タップダンサーが踊ったり。

そして、
ディズニーの仲間たちが踊ったり、

ミッキーさんがめちゃカッコよく
ドラムを叩いたりするショーなんです!

 

ビックバンドビートを見て、
歌っている人の英語は、
何と言っているのか分からなかったけど、

なんか、ものすごく元気をもらえました。

 

【なんか、ものすごく元気をもらえる】

これって、ディズニーに全てに
共通していることなんじゃないかな〜
と思うんですよね。

 

まぁ、テーマパークだから
当たり前なのかもしれませんが、

年間パスを購入して、
学校のように通う人がいるように、

ディズニーに
何度でも行きたくなるのは、

【なんか、ものすごく元気をもらえるから】

だと僕は思います。

 

では、これを人間関係に例えるとどうでしょう?

 

「なんか、この人に会うと疲れるな〜」
「なんとなく、エネルギーを
奪われている感じがする・・・」

そんな人には、
正直、会いたくはないですよね。笑

 

「この人といると楽しい!」
「この人に会うたび、元気がもらえる!」
「この人と喋っていたら、
ネガティブに考えていたことがスッキリした!」

やっぱり、そんな人に会いたいし、
一緒に居たいと思いますよね。

顔とか、容姿じゃなくて、
『モテる人』って
そんな雰囲気があります。

 

「この人といると楽しい!」
「この人に会うと、なんか元気がもらえる!」

あなたも、元気で、
エネルギーが溢れるような人を
目指していきませんか!?

 

ってことで、今日はここまで!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

こいけしょーや。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:こいけしょーや。

プロフィールはこちら

公式Twitter こちら
ごく普通のアカウントで、
日常のことをツイートしてます。笑
フォロー大歓迎です!

おすすめ記事