新潟のゲレンデから成功の秘訣を考える

この記事は2分で読めます

こんにちは!
しょーやです。

今日のブログでは、
『新潟のゲレンデから成功の秘訣を考える』
というテーマでお話していきます。

 

前回の記事では、
「新潟でスノボしてきたよ!」
という話をしました。

「とにかく楽しかった〜!」
って感じのことしか伝えてないので、

今回は恋愛やコミュニケーションについて、
そして仕事・スポーツ・勉強など、

人生で関わってくる、
どんな分野でも非常に大事な
メンタルや考え方をスノボを通して学んだので、
そのことについてお伝えしていきたいと思います!

 

今回のスノボは、男女2人ずつの
合計4人で行きました。

僕が中級者くらいだとすると、

もう1人の男友達は、
中級者よりの初心者。
(表現が下手ですんません笑)

女子2人が初心者でした。

 

まず、スノボの場合、全くの初心者だと
「板を付けてその場に立つ」
という動作が必要になります。

この「立つ」というのが想像以上に難しく、
僕も立てるようになるまで苦労しました・・・。

 

立ったとしても、
基本的にゲレンデは斜面なので、
バランスが取れないと
前か後ろに倒れてしまいます。

その加減が難しいので、
最初は倒れるのが普通のことです。

一緒に行った女の子(初心者)も
2〜3時間くらいは立てませんでした。

 

全然自慢でも何でもないのですが、
僕が初心者でスタートした時は、

同じ2〜3時間で「立つ」から始まり、

スノボの用語で言う
「木の葉滑り」「ターン」まで
滑れるようになりました。

 

「それは男だからでしょ?」
「センスや才能じゃないの?」

とか言われるかもしれませんが、

センスや才能なんて、
もっと高いレベル(プロとか)じゃないと
真に語れることじゃありません。

ある一定のレベルまでは、
どの分野でも初心者に差は無いと思っています。

 

「同じ時間練習していても、なぜ結果が違うのか?」

 

それは、

【失敗してから、次のアクションが早かった】

だと思います。

 

今回一緒に行った、初心者の女の子は
転んでから次のアクション、行動するまで
時間がかかっていました。

何でも自分のペースがあるので、
批判しているわけじゃないですが、
(友達だしね笑)

僕は

「全然立てないよ〜」
「どうすればいいの〜」

とクヨクヨせず、

「体が痛いけど、すぐ立って、
早くカッコよく滑れるようになりたい!!」

という気持ちで、転んでもすぐ立ち上がり、
とにかくアクションしていました。

 

自分で言うのもなのですが、
こう言う「ポジティブな気持ち」って
もの凄く大事だと思います。

そういう気持ちが、自分のエネルギーを
どんどん増幅させてくれるので、

「さあ次だ!」
「どんどんいこう!」

って感じでアクションできたのだと思います。

 

これはスポーツに限らず、
恋愛や勉強、趣味にだって
共通するメンタル、考え方だと思います。

 

いきなり上手くいくこともあるかもしれませんが、
最初は失敗することが多いと思います。

それは失敗じゃなくて、
「経験」と考えて、気にせず、
どんどんアクションしていきましょう♪

 

では、今日はこれにて!

 

こいけしょーや。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:こいけしょーや。

プロフィールはこちら

公式Twitter こちら
ごく普通のアカウントで、
日常のことをツイートしてます。笑
フォロー大歓迎です!

おすすめ記事